海・川・街中の・海釣り公園・釣堀場に行こう

なんと言っても安定して釣れるのは海・川・街中の釣堀場です。
釣果情報でチェックして海・川・街中の釣堀場へ行こう。
トイレもあるし安全なので女性や子供を誘って家族でもいける手軽なレジャーです。

   

アクセスは釣堀場のホームページにあります。

使い方

  • 釣堀場名をクリックすると船宿のホームページを開きます
  • 釣果情報のここをクリックで、釣果情報掲示板を開きますので最新の情報がご覧になれます。

掲載釣堀

地域 地名 釣堀場 釣りもの 釣果情報
東京 市ヶ谷 市ヶ谷フィシングセンター ここをクリック
千葉 市原 市原海釣公園 ここをクリック

釣り堀(つりぼり)とは、人工的に水面を区画もしくは造成し、魚を放流した上で、客が料金を払ったうえで釣りができるようにした場所のことである。娯楽目的で手軽に釣りを楽しむことができる。繁華街などには、室内に設えた釣堀もある。特に設備が充実し管理の行き届いたものに関しては管理釣り場(かんりつりば)と呼ばれることもある。

既にある湖沼、河川、海の一定範囲を区画、もしくは人工的に池を造成した上でその中から魚が流出しないようにし、訪れた客に釣りをさせる場所が釣り堀である。

海に作られる場合には、養殖などで用いられる生け簀を用い、その周りから釣ることになる。このような海の釣り堀を特に海上釣り堀ということがある。

釣った魚に関しては、キャッチ&リリースをしなければならない場所、持ち帰りができる場所、調理をしてもらえる場所(調理料は基本料金に含まれる)、買い取って持ち帰ることができる場所、あるいは買い取らなければならない定めとなっている場所など、営業形態によって様々であり、それに応じて料金も様々である。

釣り堀の起源は明らかでないが、江戸時代、文化、文政の頃に本所、深川などにコイ、フナ、ボラなどの釣り堀があった。そののち流行とともにぜいたくになり、金銀をはめた竿を用い、席を設け、絹布の布団などを用い、酒杯をかたむけながら釣るようになった。やがて時代の変化と共にひとつの博打と化し、釣果に応じて金銭を還元する方式に変化して行き博打釣りを「本釣り」、そうでないものを「楽釣り」と呼ばれたものの、都知事によって本釣りは廃止され楽釣りのみが残され現在に至っている。(ウィキペディアより)

いきたくなるね!

YOUTUBE